税込8000円以上のお買い上げで送料無料

ライブ遠征の体調管理はどうすればいい?

ライブ遠征は大変ですがとても楽しいもの。
でも体調が悪ければせっかくのライブも楽しめません。

遠征で体を壊さないためはどんなことに気をつければよいでしょうか。

体調管理

無理をしない計画を立てよう

予定をギチギチに詰めすぎた計画をたてると、疲れがたまり体調を崩しやすくなります。

予算が厳しいからといって、夜行バス移動や漫画喫茶宿泊を連続すると疲れが取れません。
疲労が抜けないままではライブもインストも楽しめなくなります。

途中で体調を崩したりして最悪入院したり土壇場でキャンセルする羽目になってはかえってお金がかかってしまいます。
厳冬期や猛暑の季節は特にケチりすぎず、ちゃんとホテルをとったほうが疲れを溜めずにすみます。

そして睡眠はきちんと取りましょう。

今ではずいぶん路線も本数も少なくなってしまいましたが、夜行移動でもしあるなら、体を伸ばして眠れる寝台車がおすすめ。
現在レギュラーであるのは東京-四国・山陰のサンライズ瀬戸・出雲のみです。

また、長いツアーを何本も回るのでしたら体力作りも大事でしょう。
ツアーが長いバンドのファンだと、ツアー前の時期に自主的にトレーニングをやっているという人もいます。


ライブ遠征に備えての体力作り

暴れ系の人はもちろん、そうでないところを回る人も普段から栄養のバランスの良い食事と、適度な運動を心がけましょう。

ライブ遠征中の食事で気をつける事

妊娠中の人の遠征はあまりお勧めできるものではありませんが、どうしてもという人は体調のいい時に、慎重に準備しましょう。
いつも以上にゆとりのあるに計画を立て、お医者さんに相談した上で本数を絞って無理のない回り方をしましょう。


疲れはこまめに取ろう

遠征中はとにかく疲れを溜めないで、こまめに解消していくことが大事です。


とにかく夜更かしをせず、早めに寝る事が大事。

ライブ遠征で風邪をひかないために

また、大浴場がある宿に泊まる時はなるべくそちらに行きましょう。
湯船の中では、ふくらはぎをもんだり足の指をグーパーするなどして、むくみの解消を心がけましょう。

ジェットバスなどがあれば、むくんだ足などにあてるとマッサージ効果があり、多少はマシになります。

お金に余裕があれば、マッサージサービスを頼むのも手。
マッサージチェアがあればそちらも安くつくので積極的に使っていきましょう。

ライブの疲れとり

フェスで怪我や病気をしたらどうする?

夏フェス会場にはたいてい救護所がありますが、通り一遍の傷の消毒程度の応急手当しか出来ないのが基本です。

さらに山間部のフェス会場などだと、病院までかなり遠いです。
また少し症状が重いとさらに遠くの病院に搬送されることもありえます。

そして土日は小さなクリニックだと休みのところも多いですので、すぐに診てはもらえないことも多いです。

フェスはチケットが高いですから途中で帰ると勿体ないのはわかりますが、熱が出たり、怪我で歩くのが辛いほど痛みがでた場合は思い切って撤退しましょう。
悪化させて救急搬送で入院なんてやってたら、数万円じゃきかない出費になります。

虫刺されで軽いものでしたら現地で手当もできますが、症状が重ければやはり皮膚科を受診です。

どうしてもフェス中に具合が悪くなったら


週末だと病院も閉まっていて、山間部だと救急病院もないところが多いので、早めに都市部まで降りましょう。

夏の遠征は熱中症対策を!

夏フェスに特に気をつけた方がいいのは熱中症。

ライブ会場における熱中症とその対策

帽子はかならず被っていきましょう。そしてこまめな水分補給が大事。
休憩は日陰で取る様にし、直射日光を浴びすぎないようにしましょう。

また、脇の下や、動脈が走る首筋や太股を煽いだり冷やしたタオルで冷やすのもひとつの手。
水に濡らすとひんやりするタオルも多数ありますので、そうしたもので首元をこまめに冷やしておきましょう。

塩飴を舐めたり、朝食に味噌汁を飲む等して、汗で流れ出る塩分の補給も大事です。

夏フェスの暑さ対策

風邪、インフルエンザの防止

冬の風邪をひきやすい時期は、必ずマスクを持参しましょう。

喉が乾燥すると風邪をひきやすくなりますので、ライブ会場はもちろんホテルの空調が乾きすぎな時もマスクをつけて寝るのが良いです。


また、インフルエンザのシーズン前に予防接種をしておくことも大事です。

海外遠征には予防接種必須!

国内遠征でもインフルエンザなどの予防接種は必須ですが、海外はもっと気をつけるべき病気が多いです。
特に海外遠征する際は、予防接種
をきちんとしていきましょう。

現地の風土病があったり、日本より衛生状態や医療状態が悪い国は多いです。

特にアジア方面の場合は肝炎、狂犬病、破傷風などの予防注射をした方が無難です。
中南米に行く際も、A型肝炎のワクチンは打って行きましょう。

そういった海外旅行用の予防接種に詳しいクリニックもあります。
そういったところのドクターは海外旅行事情にも詳しい人がいたりしますし、ついでに注意点を聞いておきましょう。

海外ライブ遠征前の体調管理

時には諦めも大事!

出発時点で発熱・下痢・嘔吐があったり、ドクターストップが出ていたり、感染症にかかっていたりしたら遠征は諦めましょう。

折角のチケット代も休みも勿体ないのはわかりますが、悪化させてしまうとケチった分以上の出費として治療費に跳ね返ってきますし、感染症を持って行ったら会場内にいる他の人にも迷惑がかかります。

特にインフルエンザや結核など空気感染する病気にかかった場合は会場皆に感染させてしまう危険もありますし、最悪バンド側にも感染しますし、彼らがライブなどの仕事に穴をあけてしまうもとです。

どうしようもないことは諦めるのも大事です。

カートに入れる

商品一覧

ライブ遠征の基礎知識

夏フェスを楽しくまわるために

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」