税込8000円以上のお買い上げで送料無料

ライブ遠征にパックツアーを使ってみよう

パックツアー(パッケージツアー)とは旅行会社が主催する、交通機関のチケット+宿代などをひとまとめにしたプランです。

観光旅行などにも役立ちますが、ライブ遠征にはどう使えるのでしょうか。
パックツアー

ライブ遠征にはフリープランのツアー一択

パックツアーも様々なタイプのものがあります。

観光に主体を置いたものだと添乗員などがついて決まった観光地をまわるものと、チケットだけ持って移動や現地で過ごす時間はすべて自分でやるフリープランがあります。

ライブ遠征だとどうしてもその公演の時間、普通のライブハウス公演であれば夕方〜夜21時頃は空けておかなければなりませんから、決まった時間にみんなでバスに乗って観光地を回ったりするプランは使えません。

必然的にライブ遠征なら使えるのはフリープランだけになります。

パックツアーがお得になるとき

多くの旅行社では、2人以上でのパッケージプランが多く出ていますので、基本は同行者がいるとき向きと言えます。
1人参加のパックツアーがなくはないですが数が少なかったり割増料金がかかります。

たとえば、羽田発で札幌に2人で飛行機遠征すると、個人で切符を取った場合
1人あたり航空運賃¥37,790(通常価格)×往復で2枚
ですからこれだけで7万オーバーしてしまいます。
これに宿代を入れるとスゴくキツいですね。

しかしパックツアーだと、羽田発札幌行き2人以上1泊2日のフリープランなら安い時期には航空運賃+ホテル代(朝食込み)で1人あたり3万足らずで行けるプランもあるのです。
しかも結構良いシティホテルに泊まれたりします。

つまりパックツアーを遠征に活用する時、一番お得にいけるのは閑散期+2人以上+遠方という場合といえます。

予定が比較的早めにわかるドームクラスのライブ、大手の夏フェスなどに2人以上で行く時は活用してみましょう。
ただ、大手フェスだと良いパックツアーはやはり激戦になりますので早く調べましょう。


パックツアーのデメリット

上記にも書いたように、パックツアーは2人以上対応のものが多く、1人向けツアーは数が少ない上にシングル割増料金がかかってくることが多いです。

例えば上記の条件と同じ、羽田発札幌行き2人以上1泊2日のフリープランで同じ会社のものでも航空運賃+ホテル代(朝食込み)で最安37,300です。

これに時間帯や繁忙期などでかかってくる割増料金がプラスされることを考えれば、あんまり割安感はないですよね。

なので、1人遠征の場合にはパックツアーはあまり向いていません。
一人遠征の場合、交通費は早割などの航空券割引などを活用し、ホテルは予約サイト等の割引プランを活用した方が安くつく場合が多いです。

航空機料金を安くあげるために

また、パックツアーの申し込み締切は10日前となっていますので、急に休みができたから遠征したい!というときにはあまり向いていませんし、直前だとキャンセル料も結構かかってきます。

なので、休みが取れるかどうか不確定要素の多い職場にお勤めの方にはあまり向きません。
ギリギリまで休めるかどうかわからない仕事の方は、夜行バスや株主優待券などを使った方が良いこともあります。


機内持ち込み可能で遠征に便利!小型スーツケース

長期の旅行に!
全通組におすすめ大型スーツケース

カートに入れる

商品一覧

ライブ遠征の基礎知識

夏フェスを楽しくまわるために

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」