税込8000円以上のお買い上げで送料無料

夏フェスの持物って?

夏フェスに持って行くものって何があればいいの?

勿論最低限のチケットと現金はどんなフェスでも共通で必要。
フェスといっても都市型なのか山奥のキャンプインフェスなのか、海辺なのかで必要なものは大きく違います。
どのフェスでも持っていくもの、タイプ別によって違うものそれぞれを解説していきましょう。

どんなフェス会場でも共通の持ち物

規模の大小に関わらず、フェス共通の持ち物はあります。


屋外のフェスだと、夏は日差しが照りつけ、会場内で日傘をさせないことも多いので帽子は必須です。
屋内の会場でも、外の待機列で日差しに襲われます。
帽子とともに、お肌にUVカットローションを塗る等対策はしておきましょう。

そして遠征先で急に体調を崩す事もありえるため、保険証は持って行きましょう。
フェスに救護所はありますが、本当に簡単な手当しか出来ません。

お腹をくだしたり風邪をひいたりしたらもちろん病院ですが、病院があいてなくて打ち身やヘドバンの痛みなどでしたら接骨院で保険治療を受けられることもあります。

なれないことが多い遠征だと、人によっては精神的に負担がかかる場合もあります。
女性は予定日にかかっていなくても生理が急にやってくる可能性もあるので、普段順調な人で予定日でない人も生理用品は持参した方が無難です。

というわけで、季節に関係ない必需品はまずチケット、現金、保険証です。
それに加えて夏は帽子、UV対策用品、タオルが必須。タオルは物販で買ってもいいでしょう。
トイレがかなり混みますから、紙が無くなっていることも多々ありますのでポケットティッシュもあると助かります。

場内を移動するときは、重い荷物はクロークなどに預け、必要なものだけをかさばらないポーチなどに入れておきましょう。
夏フェス会場内で持ち歩くもの

都市型フェス

後述の山間部と違って、交通の便等には比較的恵まれています。
とはいっても規則で場内で傘がさせなかったりもするので、危ないなーと思ったらポンチョタイプで
折り畳めるものでいいですから、レインコートをもってきましょう。

屋内会場のみの場合は傘を持って行っていい場合もありますが、このあたりも公式サイト等の注意を確認です。

山間部、キャンプインフェス

山間部では会場周辺にどうしてもお店も少ないですし、必要なものは一通り持参しないといけません。

宿をとって泊まる人でも、上記の帽子、現金に着替えと保険証にプラスして、
日焼け止めと虫除けは持参しましょう。
そして宿に荷物を置いて、フェス会場に出かけるにあたっての小型のデイバッグも必要です。
そして傘はさせませんし天候が急変しやすいため、雨具は必須です。

夏フェスの雨対策

また、山間部フェスだと都市部の設備のビジネスホテルのような宿が取れず
民宿泊まりになる場合、雑魚寝部屋になる場合もありますし、お風呂場は
共同浴場しかない場合もありますので、シャンプーの有無なども確認の上、必要なら持って行きましょう。

キャンプ宿泊をする人でしたら、さらに色々とに持ちが多くなります。

夏フェスキャンプの持物

山間部フェスの方がどうしても荷物は多くなりがちになります。
大荷物を持って行くだけで疲れますので、まず一度荷造りを早めに一度してみて、
ちゃんと持てるかどうかチェックしてみましょう。

同行者がいる人は荷物の分担なども打ち合わせして、お互いの不公平感がないよう心がけましょう。
長時間のフェスはただでさえ疲れがたまりやすく、ちょっとしたことでイライラが溜まりますので、同行者といく人は打ち合わせを綿密に。




暑さ対策用品

UVカット用品

カートに入れる

商品一覧

ライブ遠征の基礎知識

夏フェスを楽しくまわるために

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」