税込8000円以上のお買い上げで送料無料

夏フェスの雨対策はどうすればいい?

夏フェスはただでさえ台風や夕立のシーズンで、突発的な雨の可能性が高い季節です。

では、どのような雨具を持ってくれば良いのでしょうか。


雨

夏フェスにはレインウェア必須!

大手の夏フェスでは、ほとんどが会場内での傘さしが禁止になっています。


傘がさせないとなると、レインウェア持参が必須です。


レインウェアも様々なタイプがあります。
上下の作業服のような
セットアップタイプやポンチョタイプ、使い捨てのタイプなど様々あります。

それぞれのタイプのメリットや向いたフェスの形式は、以下で解説します。

セットアップタイプのレインウェア

作業着のような見た目で、上下セットで着ます。

足下にはねる水や泥もガード出来るので、山間のフェスで土砂降りの地面を歩く時は助かります。

本格的な製品だと、土砂降りでも大丈夫なくらいです。
ロングタイプのレインブーツと合わせると、かなり雨への防御力が高いです。

見た目が作業着っぽすぎるのでおしゃれしたい人には物足りないでしょうし、着替えに手間がかかるのが難点です。


セットアップタイプレインウェア

ポンチョタイプのレインウェア

手軽に着られて、デザインのおしゃれなものが多いといえばポンチョタイプです。
雨が降った時に、かぶるように着れます。

夏フェスのレインウェアはポンチョとセットアップどちら?

軽量で持ち運びやすいものが多いのもありがたいところ。また、使い捨てのタイプのレインウェアもほとんどこの形状です。

ポンチョ
ただ、足元のガードはどうしても甘くなりますのでボトムスの裾や足下はどうしても濡れてしまいやすくなります。

雨靴は必要?

フジロックのような山間部フェスだと、通路も地面ですからどしゃぶりの雨が降ったときはかなり足下がぬかるんできます。

スニーカーなどを履いていると靴も靴下もぐちゃぐちゃで気持ち悪いです。
キャンプ宿泊だと滞在中はほとんど乾かすことも出来ませんので、雨が止んだあとでもぐずぐずの靴を履いたまま苦しい思いをしないといけません。

なので、山間部フェスは荷物になりますが、やはり雨靴は持参しましょう。
山の天気は変わり易いので、予報で晴れていても持参した方がいいです。

雨靴もショートタイプ、ロングタイプと最近は様々なものがありますが山間部のフェスはやはり泥の跳ね上げや水たまりも大きくなるので、ロングブーツタイプの方が無難です。

レインブーツはロングとショートどっち?

最近は一見普通のブーツと見まごう、おしゃれなデザインの雨靴も増えて来ていますので、微妙な天気の時はそうしたものを履いてテントを出れば、雨が降らなくてもあんまり恥ずかしくないかもしれません(笑)。


都市部のフェスで、殆ど舗装道路の上しか歩かないのでしたら、多少の豪雨のときでもショートタイプで十分だと思います。
地面を歩くのでしたら、泥の跳ね返りもありますのでやはりロングブーツの方をおすすめします。

荷物の雨対策もして行こう

急な雨だと、自分だけでなく荷物もズブズブになる可能性があります。

ですから、リュックやポーチはなるべく防水仕様のものを選びましょう。
軽い撥水仕様ですと激しい雨では中に染みてしまうこともあります。

スマホや紙チケットのような濡れて困るものをガードするために、ジップロックも何枚か荷物に入れておきましょう。



カートに入れる

商品一覧

ライブ遠征の基礎知識

夏フェスを楽しくまわるために

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律550円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」