税込8000円以上のお買い上げで送料無料

夏フェスはどんな服装で行けばいい?

夏フェスといえば、華やかカラフルなおしゃれさんのスナップがいっぱい雑誌やポータルサイトに載りますよね。
どんな服を着ていこうか、迷っちゃうもの。

でも、その前に夏フェスならではの環境も考え、服装をコーディネイトしましょう。
夏フェス

とにかく服装は機能的に!

夏フェスというのはとにかく歩き回り、動き回る距離がとても長くなりがちになります。

なので、まずは長時間歩いても疲れない、無理の無いファッションが大事。
靴はスニーカーなど、歩き易さを第一にしていきましょう。

フジロックのような山間部の大規模フェスや、アスペクタのような山の斜面が客席になっている野外会場ではもちろん移動するだけで足に負担がかかります。
都市型のフェスでも、長時間歩くと足への負担が大きいです。

ライブ遠征の疲れを取るには

ピンヒールや高い厚底サンダルは足下が不安定ですし、重いエンジニアブーツなどは疲れ易いため向きません。
またピンヒールやスカルプは混雑したフェスだと他の人に怪我をさせてしまうトラブルの元にもなります。

シャツも首元が絞まらず、通気性のいいものがおすすめ。
靴は遅くとも2週間前くらいには決めて、暫く履き慣らして行きましょう。

フジロック等山間部のフェスだと、害虫の被害や日焼けなどを考え、スポーツウェアなどの通気性のよい長袖にしていく人もいます。

夏フェスの害虫とその対策

サンダル履きの人もいますが、混んでいるところで足を踏まれる可能性も考えるとあまりおすすめは出来ないです。
特にヒールが高いサンダルは安定性もよくないですし、足が疲れるのも早いです。

見た目には可愛いですが、特にフジロックなどの山間部にはヒールの高いサンダルは不向きです。

サンダルの場合、ある程度動くのにも向いているアウトドア用のサンダルが良いでしょう。
ただし、これも踏まれた時の怪我という問題がありますのでやはりスニーカーや山歩き用のシューズがベターです。




女の子のフェスファッションはどうする?

女の子はフェスにもかわいい格好をしていきたいものですが、過酷な環境の夏フェスではやはりかわいいだけではきついです。


ミニスカ1枚というのは絶対おすすめできません。

疲れてそのへんにしゃがみこんだら下着が見えたなんてみっともないですし、山間部のフェスだと天候の急変で気温が下がる事もあるので、ミニスカをはきたいときはレギンスかスパッツを下にはいていきましょう。

スポーツ用のハーフレギンスですと動きやすいですから、スポーツジムに行くのに近いような着こなしの方がいいです。

通気性の良さと下着が見えないようにとの対策両立、土砂降りのことを考えるとスポーティなハーフパンツ系のコーディネイトはおすすめです。

屋内でまったり見られるフェスならロングスカートやゆったりめのロングパンツもいいかもしれませんが、屋外だと雨が降った時、裾がどろどろに汚れてしまいます。

そして気になるのがメイクですが、どうしても汗等でどろどろになってしまいがちですし、手軽にささっと直せることを重視しましょう。

何よりも大事なのはUVカット。海岸や平地での夏フェスはもちろんですが、高山でのフェスは特に気をつけて!
標高が高くなればなるほど紫外線は強くなるので、フジロックは特にUV対策を入念にしましょう。

日焼け・UV対策

そこで結構おすすめなのは、UVカットのBBクリームや、メイクの上からスプレー出来るUVカットローションですね。

UVカットのカーディガンを着るのもいいです。

可愛いアクセサリーもつけたいと思うでしょうが、動員の多いフェスだとアクセは落として戻ってこないことも多いです。

落として困る高価なブランド物やシルバーアクセサリーは控え、シュシュの柄などの工夫でおしゃれを楽しみましょう。




カートに入れる

商品一覧

ライブ遠征の基礎知識

夏フェスを楽しくまわるために

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律550円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」