税込8000円以上のお買い上げで送料無料

一人でのライブ遠征をしてみよう

友達や家族が遠征にも付き合ってくれる人ばかりとは限りません。
誰もいないときはおひとり様遠征するしかありません。

そんな一人遠征の計画などの建て方の注意点、お一人遠征のメリットについて語りましょう。
一人遠征

ぼっちだって遠征は楽しい!

ライブ遠征、友達や姉妹と一緒に行く人も多いですが、同行者がいなければいけないということはありません。

一人だって十分遠征は楽しめます。

お一人様遠征の計画をたて、安全に楽しく行くにはどうすれば良いのでしょうか。

おひとりさま遠征のメリット

一人遠征も悪い事ばかりではありません。

一番のメリットは、同行者の好みに自分の行動などを合わせる必要がない気楽さでしょうね。

ホテルでいつごろごろしても大丈夫ですし、お風呂も順番を待たなくていいです。
TVを見る時に見たい番組でもめることもありませんから、宿で好きな番組を見て過ごせます。

食事も好きなものを好きなだけ取り、ホテルも好きなタイプを自分一人で考えて取れて、食事時間もわりと好きにできますし、暇つぶしの遊び場所も思いつきで好きなところに行けます。

ライブ遠征に使える宿・ホテルの種類

自己責任で動かなければいけないのはしんどい時もありますが、逆にいえば他人の行動で自分の行動が制限されてイライラする、ということがなくなる良さでもあるのです。

マイペースな性格の方には、一人の方がストレスを溜めずにすみます。

また、急遽ツアーの参加本数を増やしたい時なども自分の休みや予算の都合だけで動けます。
追加公演などがあったとき、申し込み締め切りがタイトで人の都合を待ってられないときもありますしね。

普段仲が良くても旅行に行ったら好みや生活ペースの違いでうまくいかなかったり、イヤな面が見えてしまった、旅行資金の管理などで揉めた、という友人関係や恋人関係は意外と多いのです。

無用な揉め事を回避できるのもお一人様のメリットといえるかもしれませんね。
  

一人旅行での計画立ての基本

まず一人遠征の大原則は「安全最優先で計画を立てる」ことです。

一人遠征のデメリットは、特に女性や未成年だと安全も自分だけで守らないといけないということです。
防犯対策はもちろん、スケジュールや体調管理もすべて自己責任になります。

安全が守れなければライブの楽しみも何もないので、1人遠征初心者の女性は特に安全のための費用を絶対にケチらないことが大事です。

男性でも、旅行初心者や海外遠征などは用心しないといけません。
最初から漫画喫茶や野宿などでの仮眠を予定するのは論外です。

そしてライブに遅れても誰も助けてくれませんので、最初はフローチャートなどを手書きで書いてみて、「ライブの開始に絶対間に合う事」を最優先に計画を立てて行きましょう。

また、携帯に「えきから時刻表」などの経路検索サイトや、タクシー検索サイト等をあらかじめブクマしておいたり、スマホに旅行用お役立ちアプリを入れておくと助かります。

また、慣れないうちは小さなメモ帳などを持って、必要な情報などをメモっておきましょう。

慣れていけば、グルメや観光なども少しづつ盛り込んで行けますし、旅費の節約も交通機関の割引きっぷの活用等、出来る所から盛り込んで行きましょう。

ライブ遠征のアクシデントの予防はどうすればよいか

1人遠征の宿選びはどうすればいい?

経験値をある程度積めるまでは、まずは「宿は会場の近く、ルートの解りやすい場所」「きちんと個室になったホテルのシングルルーム」を最優先に取りましょう。

疲れているとき、土地勘のない場所で重い荷物を持って行く徒歩10分は意外と大きいです。

なるべくならば会場・会場の最寄駅・市内中心の駅のどれかから徒歩5分以内、ルートができるだけ簡単な場所に宿を取ることが望ましいでしょう。

そして荷物も一人で重いのを持っていくのは大変ですし、チェックイン前に預かってくれるホテルがいいです。
ビジネス・シティホテル個室のシングルルームがいいのは、防犯面と精神面両方の安心の上です。

サウナなどの不完全個室タイプやドミトリーの相部屋ではどうしても遠征初心者さんは落ち着きません。

ただ、都会のライブハウスならともかく野外フェスだと会場が郊外で、周辺にあまり1人用の宿がない場合もあります。

こうしたときは会場からだいぶ遠い宿を取らざるを得なくなったり、フジロックであれば民宿の雑魚寝相部屋でやキャンプサイト宿泊を余儀なくされることもあります。

また、地方のライブハウスには一部最寄駅から遠いなどでタクシー移動等を余儀なくされる場所もあります。

1人遠征はこのように立地によっては宿泊場所に制限が出て来る状況もありますし、とにかく計画は早め早めに建てて行く事が大事です。

ライブ日程が発表になった時点で「この日程行けるかなあ…」と微妙に思う日程も、確実に行きたい日程もまず両方きっちり調べましょう。

遠征の宿選びの参考はこちらも

1人遠征は不安なんだけど…

ひとり遠征をしたいのになかなか踏み切れない方はよくそうおっしゃいます。

でも、遠征慣れしているように見える方でも、誰でも最初は初心者なのです。
ライブに行く友達も、すぐに出来たという人ばかりではありません。

沢山ライブ会場で友達がいるように見える方でも、普段はばらばらで現地集合、移動や宿は1人、という方は実はけっこうおられます。

一人遠征は変な目で見られるんじゃない?と心配しておられる方もいらっしゃいますが、そういうしょうもないことでイヤミを言う人というのはそうそういませんので、気にしないことです。

なので、あまり不安がりすぎず、安全性はきちんと考えた上で上に書いたような計画を立て、お一人遠征に踏み出してみましょう。

また、昔は一緒に行っていた相方も就職や進学、結婚に伴う生活の変化、あるいはバンドのファンそのものを止めてしまったりといった理由で一緒に行ってくれなくなることもあります。

遠征初心者でなくてもやがて一人遠征を余儀なくされるような状況になってくることも多々あります。

学生時代の友達や兄弟姉妹も、いつまでも同じ学校や職場に行く訳ではありませんし、同じ職場でも同じ日程で休みが取り続けられるとも限りませんしね。

趣味だけではなく、仕事でも一人で出張することがいずれあるかもしれません。

今同行者と一緒に遠征しておられる方も、「ひとりでも遠征に行ける」心構えと旅行スキルを育てておくことは大事です。

カートに入れる

商品一覧

ライブ遠征の基礎知識

夏フェスを楽しくまわるために

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」