税込8000円以上のお買い上げで送料無料

夏フェスの会場内を歩くときの持物

広い夏フェスの会場で、大きなキャリーを持ってうろうろするのは疲れるし邪魔になります。
テントサイトをとっている人はそちらに荷物を置き、日帰りであればクロークや会場の最寄駅のロッカーに預けたりして身軽に歩きたいもの。

その際、ボディバッグやウエストポーチなどに要るものだけを入れていって会場内をまわるのが通例です。
では、ポーチにどのようなものを入れてフェス会場を回ればよいのでしょうか。

ポーチ

ポーチに入れて持ちあるくもの

まずは絶対離さずに持ち歩くべきはお財布と携帯、保険証といった貴重品
フェス会場内での飲食、グッズ購入等、何をするにもお金がないと始まりません。

そしてクロークの引換証やロッカーの鍵、テント組の人は南京錠でテントを施錠する方も多いでしょうし、その鍵も持って行きましょう。

そして、屋外の会場や広い会場、天気のかわりやすい山の会場でしたらなるべくコンパクトに折り畳めるレインコートを入れていきましょう。
これは使い捨てタイプ、ポンチョタイプでも構いません。


雨が降り出して、本格的な上下セットアップのレインウェアに着替えたければテントに戻る事になるでしょうし、それまでの繋ぎであれば使い捨てタイプでもなんとかなります。

そしてハンカチ、ティッシュです。ティッシュはトイレの紙が切れたときにも助かります。

UVカットローションも塗り直しのために入れておきましょう。
なるべくサイズの小さいものにしましょう。

熱中症対策のための塩飴や岩塩も数個、そして涼しく煽ぐための扇子も入れておきましょう。


方向オンチなんだけど、、という人はフェスの公式サイトにあるエリアマップを印刷して持っておくといいでしょう。

帽子は被っていきますし、タオルは首などにまいていくことになるでしょうから、ポーチの中身は以上があれば十分です。


ポーチはどんなものを使えばいい?

上記のものが入るサイズであれば、どんなものでも構いません。

天気が変わり易い山間部の夏フェスやお天気が微妙なときですと、急な雨に備えた防水仕様ポーチであればなおベストです。

あとは混んでいるエリアで他の人に当たって邪魔にならないかどうかを考えましょう。
出発する前日までに、持ち歩き荷物も一度ポーチに入れてみて、チェックしておいた方がいいです。


ボディバッグタイプ、ウエストポーチタイプなどがありますが、後ろに背負う方式だとスリにあっても解り難い難点はありますので、前の方に持って行けるウエストポーチの方がいいかもしれません。

カートに入れる

商品一覧

ライブ遠征の基礎知識

夏フェスを楽しくまわるために

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」