税込8000円以上のお買い上げで送料無料

子連れでもフェスやライブに行ける?

お子様を持っても、若い時からずっと通ってたフェスが諦めきれない…
フェスに好きなバンドがやっと来るからどうしても行きたい、、もしくは子供と一緒にフェスが見たい…

でも、フェスは普通のライブ以上に厳しい環境です。
子供を持ちながらフェスを楽しみたいときはどうすればいいでしょうか。
子連れ

子連れはまずアウトドア系フェスで!

夏フェスといっても、激しいバンドが集まるフェスばかりではありません。

2019年まで開催されるカントリーゴールドなどのように、音楽性がまったりしていて暴れることがなく、混み具合もあまり酷くないフェスもあります。

最近多いアウトドアフェスのように「アウトドア」の方が主体なフェスの場合はお子様連れでもあまり問題はないでしょう。

最近は親子連れ来場を前提としたアウトドアフェスもいくつかあり、こうしたイベントでは子供にも聞きやすい楽曲や音楽性のミュージシャンのライブもあったりします。


また、単発フェスであまり動員もギチギチでなく、地域のお祭り気分的な単発フェスもあります。
このような小規模フェスは子供用の遊び場や遊具を設けてあるところもあります。

いきなりハードな大手フェスに連れて行くより、まずはこうした子供向けのコンテンツがあるフェスで馴らして、大丈夫かどうかを見極めましょう。

とはいえ、お子様の性格の差も大きいです。
まったり系フェスでもぐずったりかんしゃくを起こして泣き喚いてばかりの気難しい子もいるかもしれません。

それくらいフェスがだめ、というのでしたら連れていくのは諦めて、お子様だけを親戚や一時預かり保育所に預けることを考えた方がいいです。

大手のロック系フェスは子連れでは厳しい!

お子様を連れて来ていいものかどうか迷うのが、大手のロック系フェス。
少なくとも昼間開催のフェスですと「子供禁止」としているところは少ないです。

しかし、大手夏フェスは大人でも厳しい環境。
暑さのキツさに加えてとにかく混雑もハンパないですし、フジロックなどでしたら時間帯によってはステージ間の移動も時間がかかります。

夏フェス会場内のまわりかた

大人も疲れますが小さな子にはさらに負担が大きいです。
ただでさえ集中力が持たない小さなお子様を連れ回すとぐずって大変なことになってしまいます。

演奏中にギャンギャン泣き出したりすると折角の演奏を聞きたい他のお客さんから白い目で見られることも。

最大手クラスのロックフェスは託児所は設けていないところが多いです。

子供を遊ばせるエリアはフジロックやライジングサンは設けていますが、そこは託児所ではないのです。

フジロックやサマソニはオムツ替えのテントや授乳スペースはあります。
しかし親の付き添いが必要で、子供を預けて親だけどこかに行く事は出来ませんし、オムツも当然自分で持参です。

ロッキンオンも託児所はありません。
主催者的には子連れ禁止とは言っていませんが、動員が多すぎる大手定番フェスは行き届いた子供へのフォローは望めないのが実情です。

また、ベビーカーでステージ前方に行く事はフェス規則で禁止されています(というか普通に危ないです)。
爆音は幼児の耳には良いものではありませんので、ステージ前方に子連れで行くのはやめましょう。

なので、就学前のお子様は会場外の一時預かり託児所や親族に預けて来るか、連れて来るにしても両親のうちどちらかが休憩エリアやキャンプサイトなどで交互にみる、という方式にするのがベターだと思います。

小学生以上のお子様でも、低学年のうちは迷子になる危険もありますので誰かが一緒に行動したほうがいいです。

しかしフジロックやライジングサン、ロッキンオンは立地上、会場近辺で一時預かり保育所を探すのはほぼ無理です。

なので、お子様は「会場内で両親どちらかが交代で見る」「どちらかの実家に預ける」というのが現実的な選択肢になります。
このあたりはご夫婦や家族でよく話し合い、親族に預けるにしても誠意をもってお願いしましょう。

夏フェス会場内で持ち歩くもの

ただ、もう若干規模の小さめのフェスだと託児所を設けるところもあります。

単発フェスにもいくつかありますし、大きいところではa-nationも味の素スタジアム公演で託児所を設けていました。

まずそういった託児所付きフェスから始めるのが、乳幼児持ちの親御さんのフェス参加は現実的ではないでしょうか。

ライブ会場外の一時預かり託児所を活用しよう

爆音暴れ系のライブだったりお子様がまだ小さかったりして、子供をちょっとライブ会場内に連れて来れないなあ、という状況ではどこに預けるかが迷うところ。

かといって小規模ライブハウス公演では託児所設置は無理ですし。
実家や義実家に預けようにも、「親が遊ぶなんて」という価値観のご実家だと怒られてしまいますし、また親御さん自身も忙しいというご家庭では難しいです。

かといって他の親戚や友人だとそちらの都合が悪い場合もありますし、あまり何度も頼んでいると「アンタの遊びで預かるの?」とイヤな顔をされたりするトラブルにも繋がりかねません。

なので、一時預かりを受け付けている託児所がもしライブ会場の近くにあればおおいに活用しましょう。

一時預かり託児所の中には仕事だけの預かりに限らず、「ママが買い物や美容院に行っている間預かります」といった案内などを公式サイトに掲げている所もあります。

こうしたところなら「遊びに行くのに預けるなんて、ってイヤミ言われたら…」という心配はまったく無用です。

大都市圏でしたら、町中に24時間受付の一時預かり可能託児所も多数あります。

料金的には高くなりますが、高級シティホテル併設の一時預かり託児所だと、土日も受け付けているところが多いです。
大規模フェスだと当然使いたい人も多いでしょうから、問い合わせはとにかく早くしましょう。

ライブ会場の託児所を利用しよう

カートに入れる

商品一覧

ライブ遠征の基礎知識

夏フェスを楽しくまわるために

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」