税込8000円以上のお買い上げで送料無料

ライブ遠征にビジネスホテルを使おう

出張はもちろん、ライブ遠征でもお世話になることが多いビジネスホテル。



とはいっても、ビジネスホテルと名のつくホテルは大変設備やサービスの形態の幅が広くなっています。

ビジネスホテルの設備や傾向などはいったいどのようなものがあるでしょうか。
「ライブ遠征用」という観点から解説していきましょう。
ビジネスホテル

ビジネスホテルの良さ

シティホテルに比べるとビジホは比較的利用しやすい値段が多いです。
場所も駅前等のわかりやすい場所にあることが多いです。

設備も通り一遍のものがあるので、遠征初心者にも利用しやすくなっています。

チェーン系のホテルも多く、そうしたホテルだと全国で質のそろったサービスが期待できます。

遠征初心者で「とりあえずどこに泊まったらいいかわからない」という時には一番無難な選択肢と言えます。


ビジネスホテルの設備の基本

基本的にはシングルルーム中心の構成になっているホテルが多いので、1人遠征に向いているといえます。


そしてビジネス出張客が主なターゲットですので、最近はwi-fiや有線のLANが設けられていることが今は殆ど。
自分のパソコンを持って来て仕事をする事が出来ます。

ライブ遠征先でもパソコンで仕事をするためには

遠征先でも仕事をしたいフリーランスや在宅勤務などの人には助かりますね。

フロントにコインを入れて使うタイプのパソコンが1,2台おかれているところもチラホラあります。


お風呂はユニットバスがついていることが多いです。

中にはアウトバスタイプのシャワーのみ付いている安めの部屋を設けているところもあります。
アウトバスタイプの部屋を設置してあるところはほぼ大浴場が設けてあります。

その他の部屋の設備は様々ですが、ペットボトルが数本入れられる小さな冷蔵庫がついているところも多いです。

また各室にユニットバスはあっても、それとは別に大浴場が設けられているところもあります。

チェーン系でいえばアパやドーミーインは大浴場つきのホテルが多いです
(但し同じチェーン内でも全部のホテルにあるわけではないです)。

大浴場があれば、疲れが溜まりやすい暴れ系ライブの遠征では特に助かります。

コインランドリーはあったりなかったりですが、地方の古いホテルだと半屋外のような場所にあったりして寒いときちょっと辛いです(苦笑)

その他、共用設備として製氷機や電子レンジがあるホテルも多くあります。
ズボンプレッサーは希望者のみのレンタルだったり、各フロアごとの共有だったりとこれも宿により異なります。

ホテル内のテナントはシティホテルに比べれば少ないことが多く、あってもレストランや喫茶、サラリーマンの宴会向けの居酒屋くらいです。
コンビニが入っているところもたまにあります。

たまにリラクゼーションサロンなどがあるビジネスホテルもありますが、シティホテルと比べれば入っている店舗はだいぶ少なめです。



ビジネスホテルのサービス

サービスは高級シティホテルに比べると簡素なところが多く、ベルボーイやコンシェルジュはまずいません。
しかし、この簡素さのおかげで人件費を抑え、安めに泊まれるのです。

ルームサービスも食事提供は無い所の方が多いです。

その代わりカップ麺やビールの自販機などが廊下やロビーにもうけられているところが多いですが、割高なのでコンビニで買って来たほうが無難です。
電子レンジが共用であるビジホでしたら、コンビニ弁当をチンすることも可能。

レストランについてはこれもあったりなかったり、朝食だけ営業のところもあります。
シティホテルのような高級フレンチレストランはまずありません。

朝食は品数の多いブッフェタイプから定食まで様々ですが、パンやコンビニぽいおにぎりとドリンクくらいの簡素な朝食だけをロビー等で出しているところもあります。

チェーン系だと東横インやR&Bホテルがこの「簡易朝食提供」タイプのビジホです。

夕食が取れるレストランは館内にないことが多く、外で食べるか弁当屋さんで買ってくるかが基本です。

ディナー対応の飲食店があっても居酒屋系やチェーン系カフェが多く、ライブ終演後だと営業終了に間に合わないこともあります。


アメニティ類の揃い方も宿により差がありますが、経費節減のため必要な人だけに渡すホテルもあります。

使い切りの女性用アメニティセットをフロントで売っているところ、化粧水やメイク落としなどは使い切りのサイズのものをフロントで要る人だけが持って行くところなど様々です。

レディースプランとして、女性向けのスキンケア用品セットをくれたりフットマッサージ機を貸してくれるプランを出しているところもあります。

荷物の預かりについてはこれも幅があります。
フロントの隅に置いておくだけの所から部屋まで持って行ってくれるところまで様々ですので、解らなければ直接問い合わせてみましょう。

チェックアウト後の預かりは当日中ならOKのところが多いです。
ただし、宿泊客でないと預かってくれないところが大半以上です。


カートに入れる

商品一覧

ライブ遠征の基礎知識

夏フェスを楽しくまわるために

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」