税込8000円以上のお買い上げで送料無料

夏フェスキャンプにオススメのランタンは?

夏フェスでキャンプ宿泊されるのであれば、必需品のひとつがランタンなどの灯り。
テントの中にはいつものような電気はありませんからね。
でも、ランタンや懐中電灯はたくさんの種類があるので迷ってしまいます。

どのような灯りを選べば良いのでしょうか。


ランタン

夏フェスのキャンプにはまずLEDランタン!

ランタンといっても様々な種類があります。

大きく分けて火を使うガソリンランタン・ガスランタン、火を使わず、電池等を電源とする火を使わないLEDランタンがあります。

ふつうのキャンプですと、ガスやガソリンのランタンはテントの外につり下げて照らし、テントの中はLEDライトのものと使い分けておられる方も多いようです。
火を使うオイルランタンだとテントに着火して火事になったら困りますからね。

しかし、大手の夏フェスでは普通のキャンプサイトよりテントが密集しますので、火災予防のためにもなるべく火を使うランタンを使わない方が安心です。

飛行機で行く場合だと、ガスランタンの燃料を持っていけませんので、灯油やガスのランタンは遠方から来る人にとっても使いづらいです。

機内持ち込みが禁止なもの

ということで、メジャーな夏フェスでキャンプデビューしたいのであればLEDランタンを優先的に買いましょう。



LEDランタンの電源は何でとる?

LEDランタンといってもその電源は様々です。

充電式、乾電池式もありますが、手回しのハンドルで充電するダイナモランタン、ソーラーパネルがついていて太陽光で充電するソーラーランタンもあります。

ダイナモやソーラーは電源が無い場所でも便利なので、最近は災害対策としても人気で、ラジオ機能がついたものも珍しくありません。

ただ、ソーラーランタンは天気が悪いと使えず、太陽の充電には時間がかかるのが難点。
手回しのダイナモランタンも、十分に充電するには結構な回数回さなくてはいけません。

中には電池+ダイナモ、電池+ソーラーと、複数の電源も使えるようなタイプもありますから、こうしたものがおすすめです。


電池式の場合、フジロックなどにフル参加するときは念のため予備の電池も持参しましょう。

キャンプに便利なヘッドライト

ランタンの他にあると便利なのがヘッドライト。

頭に装着するので、両手が空くのがメリットです。
夜間にテントの外に出る用事があったり、テントを調整・補修などする必要があったりで屋外作業をするとき、ヘッドライトだと作業し易く助かります。

また、夜遅くまでイベントが行われるオールナイトプログラムのあるタイプの山間部フェスだと、深夜のアクトを見に行ってからキャンプサイトに帰る必要があります。
深夜の時間帯は足下が暗いので、ヘッドライトがあると助かります。

転んだ時にも、両手が空いていればすぐ手をつけます。

カートに入れる

商品一覧

ライブ遠征の基礎知識

夏フェスを楽しくまわるために

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律550円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」