税込8000円以上のお買い上げで送料無料

キャンプで眠るときにはシュラフ

夏フェスのキャンプ宿泊で欠かせないものといったらシュラフです。
でも、シュラフとひとくちに言っても様々な形のものがあります。

いったいどれを選べばいいのでしょうか?

封筒型シュラフ

長方形のタイプを、封筒型シュラフとよびます。

首元が比較的ゆったりしているので、普通の布団に近い感覚で眠る事が出来ますし、暑い時には圧迫感が首元の圧迫感が少なく向いています。
厚さは夏向き、ちょっと暑いとき向きのぺらぺらなものもありますが、ふかふか分厚い冬用のもあります。

中には上下セパレートできるタイプもありますので、より布団感覚で寝やすくなっています。

封筒型シュラフ

マミー型シュラフ

マミー型シュラフ

マミーとは人形の意味です。

おくるみ人形のように体を頭からすっぽりと包むタイプで、足下の方が細くなっているので、さなぎのようともよく言われます。

寒い時には首元までくるむので温かく、また封筒型より軽量でかさばらないのが利点です。
冷え込みがきつい場所や季節でのキャンプに向いています。

参加するフェスにあわせてシュラフ選び

シュラフを買うときは、これから参加したいフェスの気候もよく考えて選びましょう。

ロッキンオンのように平地の真夏のフェスや、海辺などの暑い場所の単発夏フェスのみの参加で年1〜2回程度しかキャンプしないなら、ぺらぺらの安い封筒型シュラフや、マットにタオルケットでも特に支障はないと思います。

ただ、高原のフェスや東北北海道のフェスでは真夏といえども朝夜がかなり冷えることもありますので、あまり薄いシュラフだと朝方冷えて風邪を引いてしまうこともあります。

初夏のアラバキはもちろん、真夏のライジングサンでも朝夜は10度くらいまで下がる事があります。
そういうところを中心に参加するのでしたらマミー型か、封筒型でも二重構造になっているものなどの方が無難でしょう。

フジロックなどの高原の場合、気温の高低差が激しい地域もありますので、封筒型シュラフでインナーが着脱できるタイプのものにするか、冷え込んだとき用に災害対策用に売っている薄手の保温アルミシュラフをもう1つ持って行ったりして調整するのも手です。

急な冷え込みに暖かいアルミ保温シート【2枚組】

カートに入れる

商品一覧

ライブ遠征の基礎知識

夏フェスを楽しくまわるために

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」